口コミ脱毛 脱毛エステ・脱毛器のクチコミ

顔の小じわが気になる

目尻にできているしわを気にしているようです。
目尻はしわができると、第一印象がぐっと老けて見えてしまいます。

 

年と共に目立ってくる目尻のしわの対策には、どのような流れで目尻にしわができてくるのかをよく理解する必要があります。
肌が乾いていることや、老化現象の一部として、目尻にはしわができるようです。

 

しわが増える理由の1つとして、皮膚の水分が失われたからというものがあります。
この他、コラーゲンやエラスチンなど肌の弾力を保つ成分が年と共に失われていくことも理由になります。

 

ターンオーバー?!

皮膚には28日の周期で新しく生まれかわるという、ターンオーバーというサイクルが存在します。

 

肌のターンオーバーの能力は30歳から70歳にかけての40年で半減します。
年を取ると同じ角質層がいつまでも使われることになり、硬化しがちです。

 

最も深い基底層で作られた細胞は、皮膚表面へ約14日かけてだんだんと押し上げられていきます。
最終的に角質層となった皮膚は、外からの衝撃などから体を守るために2週間役立ちます。

 

 

肌表面のなめらかさが失われ、くすんだ感じになり、紫外線や高温、汚れからのダメージを受けやすくなるのがしわの原因です。

 

肌の弾力を司るエラスチンが減少することも目尻のしわの一因です。

 

表皮と真皮の間を埋めるものがなくなるため、保水力や弾力性が失われます。
どうして目尻にしわが増えるかを調べることは、しわを減らす方法を探しやすくしてくれます。